よろずネタでダラダラと話しています。よく話題が脱線しますが、宜しければお付き合い下さいませ。BL・NL混在しますのでご注意願います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと気になる事
2013年07月11日 (木) | 編集 |
今度は話題がうたプリです。
エロが要らんだの何だの文句垂れてはいますが、何だかんだで(最初の無印以外は)全作品持ってる気がするうたプリシリーズ……FDでの立ち絵に驚愕したのは今でも軽くトラウマです。Repeatで工画堂に立ち絵やスチル任せてから一気に綺麗になったのねーとしみじみ。
そういえば工画堂は自社作品が結構鬼畜?な乙女ゲー出してます。淑女ゲームとも言われていますが…プレイ方法によっては攻略対象皆殺しも可能という。安い時に購入しましたが思いっきり積んでます。だってPCゲームなんだもん(←PC起動が面倒な人間な言い訳)。


工画堂スタジオ パレドゥレーヌ 通常版工画堂スタジオ パレドゥレーヌ 通常版
(2006/11/10)
Windows XP

商品詳細を見る

↑これが元のPC版パレドゥレーヌ。攻略対象を毒殺可能。可憐な王女フィーリア殿下はちょっとロリっぽいが可愛い。でも鬼畜(笑)。


妖ノ宮(あやしのみや)通常版妖ノ宮(あやしのみや)通常版
(2008/09/19)
Windows Vista

商品詳細を見る

↑日本に良く似た国を舞台にしたファンタジー。宮様可愛いです(やっぱちょっとロリ)。攻略対象に取り憑き可能。反対に調伏される事もある…サバイバル?


さて肝心の「うたの☆プリンスさまっ♪」シリーズですが。
何だかんだでキャラクターソング大好きな私としては(特典CD以外のゲームとCDを)結局全部買っているような状態ですが、アニメ版見ていてこれはちょっとなぁ…と思った点があったので一応畳んでおきます。HE★VENS好きの方&緑川さん好きの方は閲覧は自己責任でお願いします。苦情は受け付けません。


うたプリのアニメ版(マジLOVE1000%&マジLOVE2000%)は概ねギャグアニメとして見ていたので、ここが改悪だのあそこが改悪だのと文句を言うつもりはありませんが…問題はアニメ2期でST☆RISHのライバルとしていきなり登場(ここもう少しやり方あったんだろうけど尺足りなかったのかしら…)したHE★VENSという3人組チーム。
それぞれ中の人が緑川さん、小野さん、代永さんなんですが…私がちょっとなぁと思ったのが緑川さんで。

声の問題でもないし演技スタイルの問題でもないんです。公式HPにも紹介されているのでいずれゲームにも出てくるのでしょうが……まだうたプリの新作が発表になっていないんです。発表予定があるのは「MUSIC2」(音ゲー)だけ。
その状態にも関わらず既にキャラになり切った言動をしている、という点に私はそれってどうなんだ、と思えてなりませんでした。演技スタイルの方針や役作り云々ではなく、ただ自分のキャラだけが目立てばそれでいいのか、と思えてならなくてゲンナリしました。そういうアピールは新作に出る事が明らかになってから(たとえば公式から正式にアナウンスがあってから)でも遅くはないのでは?ネット曰くの「腐釣り」や「自キャラさえ目立てばそれでいい、自キャラを中心に据えたがる」という噂も聞いた事がありますが、本当だったのか?と。
役作りや演技プランというのは(素人の意見ではありますが)、作品の全体像を考え和を乱さない事なのではないかと思えてならないのです。年長者が我侭放題になるとそのコンテンツ自体が終了に近づいてしまいますし…そして緑川さんは新規参入とはいえ、うたプリのアイドルたちの声優の中では最年長です。
若手を立てる事もいい作品作りになるでしょうし、演技プランとしても間違っていないと思うのですが。俺が俺がと出しゃばる事は決して褒められた行為では無い(うたプリは実はメインがいる)と思えてならないのです。

暴君離れ≒暴君嫌いになりつつある今、余計にそう思えてしまうのかもしれませんが……やっぱり引いた事は事実です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。