よろずネタでダラダラと話しています。よく話題が脱線しますが、宜しければお付き合い下さいませ。BL・NL混在しますのでご注意願います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙女ゲーム三昧?
2013年07月10日 (水) | 編集 |
……という割にはかなりの保守派です。
そもそも乙女ゲー、最初に手に取ったのが何せ「アンジェリーク」のDS版ですから程度が知れているというか(笑)、たくさん本数を持っているという訳ではない、と思います(自己申告)。

基本的にノベルゲームは好きじゃない、というよりも苦手なものですから(音声待ちせずにそもそもガンガン飛ばすのでフルボイスの意味ナシ)、IFさんのゲームでプレイしたのは「緋色の欠片」と「薄桜鬼」のPSP版のみ、ファンディスク(FD)にまでは手を出していません。…実は薄桜鬼のFD(PS2版)を中古で買ってちょっとプレイした事はあるのですがドン引きしたため以降手を出していません。ノリについて行けない(汗)。


現在私が持っている乙女ゲーは「遙かなる時空の中で」シリーズと「金色のコルダ」シリーズ、「ネオアンジェリーク」、「うたの☆プリンスさまっ♪」シリーズ…くらいです。基本的にコーエーのネオロマ作品が主です。

うたプリシリーズといえばつい最近までアニメ2期放映されてましたが、あれはまた斜め方向にぶっ飛んでいたというか…いや原作ゲームからしてぶっ飛んでいるので、ぶっ飛ぶ方向が違うだけであまり変わらないのかなーと思ってみたり。

乙女ゲーは基本的にCERO B(キスシーン有or下着が見えたor暴力描写がある、etc.)なのですが、「薄桜鬼」は血まみれスチル(絵)があったのとベッドシーン(文章のみで済ます)のためか、CERO Cでした。
もっともこのCEROレーティング、虐殺道中を行くDQ8ですらCERO Aだったのですから(ちなみに海外では「T」つまり13歳以上推奨)日本のCERO仕事しろ、とは思いますが…。もしくは大手メーカーの圧力でCEROを下げられている可能性もあるわけですが。

話が逸れましたが、うたプリシリーズはCERO Cです。つまり15歳以上推奨作品(昔でいうところのR指定)なので……何というか、直接では無いとしてもエロ描写はかなり多いです。テキストで誤魔化す事を「テキスト芸」とか呼んでいるらしいのですが、かなりの割合でこの「テキスト芸」が使用されています。でも18禁乙女ゲーでは出さないんですね。18禁の乙女ゲームはPC媒体ですし、シナリオもそこそこの質を求められます、なので現状CEROレーティングがCやらDの作品が出てきたら「これはエロを売りにしている作品だ」「エロで中高生を安易に釣っている」と思って頂いて結構かと。それくらい酷いです。
乙女ゲーにエロは求めてない!という人には「コルダ」シリーズがおすすめかもしれませんが…おっそろしく作業ゲームです。特に「金色のコルダ」はPSPの扱いにある程度慣れていないと話が進まないという(汗)。私的に感じた難易度としてはコルダ>コルダ2f>コルダ3の順でしょうか。つまりどんどん簡単になっているという。
簡単なものに慣れた後で難しいものに挑戦すると案外プレイが楽だったりします。
そういえば「コルダ3」は今年の9月にフルボイス版が出ます。コルダシリーズ10周年だからというのもあるらしいです。


コーエーテクモ the Best 金色のコルダ3コーエーテクモ the Best 金色のコルダ3
(2011/12/15)
Sony PSP

商品詳細を見る

↑こちらは2010年に出たVer.(フルボイス版じゃない)ものが廉価版になっているものです。


金色のコルダ3 フルボイス Special (通常版)金色のコルダ3 フルボイス Special (通常版)
(2013/09/19)
Sony PSP

商品詳細を見る

↑こちらが9月に発売されるフルボイス版。追加要素もあるらしいです。私は買います(苦笑)。我ながら物好きだとは思いますが…。


イラッ☆と来る面子がお好みならこちらもどうぞ。ほぼ万遍なく曲者揃いです。

コーエー定番シリーズ 金色のコルダコーエー定番シリーズ 金色のコルダ
(2009/11/26)
Sony PSP

商品詳細を見る

↑こちらから始めると難易度高くて泣きそうになりました(汗)。コルダ2で操作に慣れてから&攻略サイトを見ながらプレイがおすすめです。

コーエーテクモ the Best 金色のコルダ2fコーエーテクモ the Best 金色のコルダ2f
(2012/09/13)
Sony PSP

商品詳細を見る

↑こちらは案外楽。「明るく爽やかな好青年しかしストーカー」な加地君はここから参戦。陰湿では無いんですがイラッ☆とは来ます(笑)。元祖豹変系?な柚木先輩も健在です。壁打ちの壁はお前だ(笑)。


以前からネオロマシリーズの攻略対象は「アンジェはネタメン、遙かはキモメン、コルダはムカメン」と言われていたらしいのですが、まぁ確かに…。アンジェの守護聖メンツはネタ満載ですし、遙かの八葉は(特に2が)一度はぶん殴りたくなりますし濃い。コルダは一応学園モノなのでそこまでネタ感は強くないですが…その反面お前らまとめてストレス解消して来い、といいたくなるような連中ばかりです。たまにいい人もいますが。
興味を持たれた方はプレイしてみるのもいいのではないでしょうか。コルダは(今の時点では)廉価版になっているのでお得です。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。