よろずネタでダラダラと話しています。よく話題が脱線しますが、宜しければお付き合い下さいませ。BL・NL混在しますのでご注意願います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

案外早く届いたりする<仏語版・恋する暴君2巻>
2010年09月30日 (木) | 編集 |
仏Amazonからの発送メールが来てから、約1週間で仏語版の暴君2巻が届きました。案外早いなぁ。チャレ4巻の時の発送の遅れは何だったんだのやら、と感じる程のスピードです。送料は高いけれど、仏Amazonはそれなり…いやかなり良い仕事していると思います。

それはともあれ、まだザっとしか目を通していないのですが(つまり原作2巻とつき合わせて辞書引きで読んでいない)、文字数が1巻よりも多く感じる…のは気のせいでしょうか。
まぁ実際2巻はかなり言い争いをするシーンもありますし、元々モノローグが多い巻ではありませんでしたが。
1巻が心情を描いた巻だとするならば、2巻は人間関係が流れていく巻でしょうか。なので、1巻で台詞が少なめだったのは、心情を描くにはコマ割りや人物の表情の方が台詞よりも雄弁だったからなのでしょうね。
しかし文章量としてはですね…仏語を辞書片手に読むような初心者にとっては、1巻くらいの分量で丁度良いです…チャレや暴君2巻は台詞多いですよ…これどうやって読めばいいのやら。

やはりここは原作と比較しながら、気になった箇所を拾い読みしていくのが良いのかな?
実は1巻も完全読破していませんし(爆)、とりあえず萌えシーンや気になるシーンを拾いながら辞書片手に読んでみようと思います。
また仏語辞書とお友達ですよ、ふふふ…。メモ帳隣に置いて、翻訳文を書きとめておいた方がいいのかもしれません。何せ調べたらすぐに内容を忘れるような人間ですので…ついでに仏語アルファベット、PCのキーボードでは凄く打ちづらいです。だからやっぱり手書きで訳注でも書きとめて、それを纏めて記事にした方が多分効率が良さそうな気がします。
やっぱりアナログ派だなー、自分。

でもPCのキーボードで文章を書いていると、いざ手書きで文字を書く際に漢字が出て来なかったりするので、常日頃から手書きで文章を書く癖は少しでも残しておいた方が良いようです。簡単な漢字が書けなくなるのはちょっと…色々と困りますしね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。